じゃじゃ馬馴らし
アントニーとクレオパトラ
以尺報尺(メジュア・フォア・メジュア)
マクベス
沙翁に関する雑筆
醒めたる女(最後のド・ムラン家)
ウォーレン婦人の職業
主として倫理講話者のために
主として少、青年のために
教育上より観たる文芸
倫理教育時代の坪内先生
教育家としての坪内先生
此処やかしこ
義時の最期
霊験
現代男
翻案につきて
翻案劇に就きて
ある富豪の夢
回春泉の試験
骨董熱
新曲浦島
長生新浦島
新曲赫映姫
鉢かつぎ姫
俄仙人
金毛狐
一休禅師
お夏狂乱
初夢
小袖物狂
寒山拾得
お七吉三
歌麿と北齋
和歌の浦
堕天女
常闇
聖徳太子と悪魔
新楽劇論
「浦島」を作せし顛末
「浦島」の寓意
「赫映姫」について
謡ひものに引直したる「竹取」について
音楽と絵画
国民楽の将来
能楽研究の順序
謡曲文は歌なりや文なりや
美文としての謡曲文(其一,二)
謡ひものゝ文章
能楽の将来につきて
宗教と楽劇
日本舞踊の現在及び将来
日本舞踊の将来
音楽と文学
舞踊について
漫談役行者
江戸の寄席
上方の寄席
色物の世界
三遊亭円朝−明治期人情噺の限界
大衆文学への道−話芸と文芸の交錯
現代の寄席
上方の芸談
芸談−落語における
寄席−研究の手引
人類にとって芸能とは何か
比較芸能論
世界芸能史のなかの日本芸能
世界芸能史のなかの日本芸能
世界芸能史のなかの日本芸能
沖縄の芸能
宗教と芸能
伝承と芸能
芸能の社会学
芸能の発達段階−日本とヨーロッパ
劇的なるもの 東と西 比較ドラマ論の試み
音楽・舞踊・ドラマ−演劇における全体性
外国人のみた日本芸能
歌舞伎研究の手引
比較芸能研究の意義と方法
桐一葉(実演用)
桐一葉(読み本体)
沓手鳥孤城の落月
役の行者
行者と女魔
法難
大いに笑う淀君
語り物の歴史と浄瑠璃の成立
人形浄瑠璃の展開と大成
人形浄瑠璃の爛熟と伝承
人形浄瑠璃の鑑賞
人形劇論−西欧州的視角から
口上・からくり・間狂言
浄瑠璃の芸と風
浄瑠璃の戯曲作法
唄浄瑠璃
諸国の人形操り
三味線と曲節
文楽の将来
浄瑠璃研究の手引,浄瑠璃参考文献目録

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る