美術の眺め
おもいで
「見られざる人」の「霊感」
美術方寸
中川一政文集 第1,2巻 あとがき
石井鶴三
旅行癖
油絵総論
装幀の事其他
「永福寺余暇」序
武蔵野日記
春窓

彼はしずかに
物見遊山
高知城
家郷の弟妹に
犬の晩餐
曇り日
葉笛
三郎という犬
とばく
煙草
野の娘
遠き弟に
貧しき母子
父の出発
家を守る兄の歌
となりに住んでいる貧しき友に
所信
病める妹
見る事
わが母
自愛せよ
毛布
ある夜
ひるすぎ
守る時
貧しき母
もでる
ゴッホ兄弟
友達
宣教師との話
ぼくのうち

守備兵
希望
見なれざる人
宇宙に姓名を探る
雲雀が岡付近
われ鳥に告げる
聖フランシスの家族
乾山雑稿
抱一上人年譜考
抱一略年譜
芳中漫談
蔦の細道と赤壁
巨視と微視の文化学
「清水寺参詣曼荼羅」試論−想定された享受者層をめぐって−
中世京都・東山の風景−祇園社境内の景観しその変貌をめぐって−
「北野経王堂」と「諏訪の神事」−室町時代京名所扇図の場と記憶−
中世における職人絵の表象−職能者をみる目線と社会−
近世風俗絵画のなかの節季候
池大雅が描いた都市景観と風俗表現
「根来」と根来塗−絵画資料に見る根来−
立命館大学ARC所蔵「東山名所図屏風」の主題考察−相模掾操芝居図を中心に−
江戸の劇場図−菱川派を中心に−
風俗《曲水宴図》の思想と変容−月岡雪斎と窪俊満を例として−
「風俗画」再考−西洋における日本美術研究の視点から−
写真は真を写したか−明治初期の万国博覧会写真と日本陶磁器−
中国における「清明上河図」研究の現状と課題
摂津にて
こぶしの花
椎の木
有馬にて
春光
幼児
宗達風雷神と妙光寺
宗達仙仏画と仙仏奇踪
相説宗雪と宗仙-琳派研究の一章-
宗雪の木蓮花
深江蘆舟の墳墓発見をめぐって
光琳
光悦光琳の事
尾形光琳並に尾形家の事
日允上人と日意上人
光琳初期の習作画
光琳草花図二曲屏
光琳の盛り上げ菊
尾形光琳の大石良雄像
光琳の東下考
仁清の墓跡確認-洛北妙光寺と仁清-
光琳乾山が事ども-抱一に依て伝へられたる-
乾山画雑感
乾山十二ヶ月花鳥歌絵
乾山の十二ヶ月歌絵皿について
渡辺始興と乾山
天下太平の乾山
乾山の江戸下向について
乾山の詩仙堂遊記

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る