入谷乾山の展望-寛永寺伝来柄香炉の発見-
乾山獅子香炉と竹田
尾形乾山の富士
書翰
長谷川利行の詩・断章・短歌
長谷川利行という存在
四天王寺蔵千手観音二十八部衆像について
宝山寺蔵春日本迹曼荼羅図について
三大寺家蔵「高野大師行状絵」考−逸翁美術館本を中心に
狩野探幽筆「学古帖」と流書手鑑
歌の風景-山川宗川筆「筏士よ・狩くらし図屏風」の紹介をかねて
初代飯塚桃葉の作品
漢代画像「升鼎図」画題考
土佐光則の肖像画制作−聚光院蔵「沢庵宗彭像」をめぐって
狩野貞信の作風
狩野春川院の源氏絵屏風−法然寺本を中心に
月岡雪鼎の大坂十二ヶ月風俗屏風について
天瑞寺客殿画考−永徳大画をめぐって
狩野永徳の作品資料−江戸時代の縮図と模写画から
「画道要訣」と中国画論
江月宗玩筆録の「画師的伝宗派図」について
見立絵について−「見立て」の構造と意味
アメリカ合衆国における初期日本式庭園
水墨画と宗達
宗達の技法
琳派随想
琳派叢談
光悦画事の問題
大虚菴の二重芸術
本阿弥系図の考察-特に宗達との関係について-
未開人
をみなへしの花
夏の色彩
伊豆大島雑記
快楽と悲哀
ある感想
踊り手の実行生活
画図稽古
超・印度藍
一つの抗議
EXPOSITION
パンチユール
ガラス絵手記
断片
肉と骨盤 —抽象的芸術に就いて—
絵画と人間
興亜のポジシオン
第八回帝展
第十五回二科展
一九三〇年第四回展
トアル展
版画・素描・油絵展
第十三回春陽会展
秋の美術
第二十四回二科展
第七回独立展
尚美展
第十八回二科展
木葦
火岸

秋の顔
入湯戯画
もっさりする漫談
緑蔭雑景
奈良風景
ややこしき漫筆
新調漫談
西洋館漫歩
観劇漫談
舞台の顔見物
大久保作次郎君の印象
自画像
神道俗談弁 1巻
明月で眼を洗う
真夏の言葉
緑蔭随筆
阪神夜店歩き
ファン相貌メモ
太陽の贈物
陽の下で笑う
電球
街頭漫筆
陽気すぎる大阪
速度を増した新春
裏町のソーセージ
邦画趣味の油絵について

夏の街上素描
女は羅紗靴を穿いてゐる(断片)
超々会
江東風景
荒川放水路
相撲
酒樽の銘
獣人録
ピカソ雑感
絵描きの日記
シュール・レアリズム


成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る