影を捉ふ —山口蓬春君—
深水の一面
をしへ子深水
山本丘人さん
『挿絵節用』序
組皿
草の露
『雪岱集』序
『たけくらべ絵巻』
『近代挿絵考』序
思ひ出の佃小橋
年始歳暮
正月の思ひ出
吉例
武内桂舟先生
梶田半古先生
半古先生のこと
邦画壇の三元老 —大観・栖鳳・玉堂—
今日この時の川合先生
下村さんと其作品
下村氏の業績
上村松園氏
常緑松園
松園女史に寄せる
上村松園論
青帛の仙女
松園さんを想ふ
士大夫の書画
士大夫の業
小感
追憶断片
平福君を悼む
自然児百穂
芝居の背景を描いた話
回想
春寒
友縁有情
『室君』
遺業追懐
金鈴社と松岡君
結城素明君を偲ぶ
水城相聞
麥僊氏の芸術
精進の一生
麥僊君回想
しのぶぐさ
麥僊君の芸術
私の先生
年方先生に学んだ頃
恩師のこと
絵燈篭
狂言
新花町の家
内職
円朝と野州の旅をした話
夜蕾亭昔話
ともだちの話
木挽町裏住居
註文帳のぬきがき
浜町河岸回顧
浜町にゐたころ
牛込夜話
横寺町の先生
思ひ出今昔
挿画家生活
明治の挿絵
挿絵の興起
雑誌の絵について
挿絵今昔談
兎と万年青
兎後談
花見
明治以来東京の名物
名物無名物
芝居昔ばなし
明治の東京語
明治の生活美術寸言
広重と安治
明治の作品展示を観て
先師遺蹟解説
渡辺省亭先生の画
嘗て見た慶喜を
素材素描
『一葉』
藤懸博士の肖像
写像後記
小説『にごりえ』を画にして
画帖『朝顔日記』について
鏡花本の装釘
『朝夕安居』
個展論
芝居と絵画
明治風俗十二ケ月
墨水十趣
三つのながめ
作者のことば
今様絵詞の会
ことば
形と心
画房雑稿

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る