模倣と模写
リーチを送るに臨みて
会員消息
岸田劉生水彩画々会広告
色刷会に就て会員諸君に
湧き上る心(感想)
編集前後の雑感
結婚迄
消息(『生活』9号、8月号)
ヴアン、ゴオホの絵
自分の行く道其他雑感
展覧会の前に
蜘蛛
自然
木版画に就いて
自分の世界
旧フユウザン会展覧会を見て
道悪
一生の仕事、其他
ある夫婦
彼と人間
今の自分の仕事
罪を悔ゆる男
雑感(『エゴ』2巻5号、3巻1号)
苦痛に就ての雑感(附快楽)
趣味と好尚
今の自分及自分の仕事に就て雑感
出品と授賞に関する諸家の感想
感想及び詩
素描を発表する事に就て
断片(感想)
自分の半切画展覧会に就て
巽画会対第十五回美術展覧会諸家の感想
「光秀と紹巴」雑感
火の中に消へ去れる絵よ(弔歌)
展覧会の為めに
手紙
最近の感想
才能及び技巧と内容に就て
言つて置きたい事少し
岸田劉生、小品画会
二つの力
自分達の展覧会
装飾文字に就て児島氏に
王家建造物監督官ダンジヴィレ伯爵の美術行政
デューラー祭・1828年
デューラー祭・1828年
ラファエル前派再考−「ラファエロ以前」の美術との関係をめぐって
ゲーテとロシア・イコン、そして山下りん
オディロン・ルドン作エッチング《マレーヌ王女》について
ギリシア絵画と説話文学
初期キリスト教美術とビザンティン美術にみる神話表現の残存とそのキリスト教イコノグラフィに対する影響
中世美術における古典神話
詩は絵のごとく−人文主義絵画論
朱肉の歴史
古美術と私
小品画集 黒猫
歩み(感想)
専横にして潜越なる彼等
—未だかなあ—
全信州美術展より
涙(べか)の谷に掘られたる井
自己の芸術
自分自身と、或る他人に
内田魯庵氏に
或る男の恋の空想
安倍能成氏に
旧友に、其他二、三
『詩』
私信 —四通—
消息(『フユウザン』第3、5、6号)
草土社今昔談
新茶室巡り 9−小田坂の山荘 山本發次郎を訪う−
武者小路実篤氏と山本發次郎の対談会
関西趣味人列伝 5−山本發次郎氏−
大大阪と文化(抜粋)
珍コレクション物語(抜粋)
ナウムブルグの彫刻家−ドイツ中世彫刻史の一様相−
アトリビューションの有効性−もう一人の15世紀ヴェネツィア画家ジョヴァンニ・ベッリーニの場合
解釈の遠近法−ピエロ・デッラ・フランチェスカ作品の空間表現と図像解釈の問題−
デューラーの素描《オルフェウスの死》と銅版画《ヘラクレス》について−古代理解についての一考察
システィーナ礼拝堂天井画の《ノアの物語》の制作意義
世界地図から世界風景へ−ネーデルラント絵画における「地誌」と「風景」をめぐって
雪てん
ドメニキーノの「剽窃」事件を巡る考察−17世紀ローマ絵画理論史の観点から−
レンブラントの風景画−同時代風景画との関連において
17世紀オランダ絵画の基底材とサイズ
ベラスケスにおける聖と俗《マルタとマリアの家のキリスト》をめぐって
空想(対話)
「詩」
山岳と芸術教育
画人中川一政
中門の仁王
五十年
東京パック時代の楽天先生
酒井忠正さんをいたむ
藤村先生寿像製作の頃
天意
学生と習作にうち込んだ三週間
書道私論

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る