児童自由展覧会所感
観心寺・高野山・奈良
妹の絵
大家らしい大家
中原君と私
常吉と鶏の卵(童話)
針木岳と爺ヶ岳
塩原多助の絵本を見つつ
中村彜とその周辺
関根正二
村山槐多
エコール・ド・パリと藤田嗣治
安井曽太郎と梅原龍三郎
佐伯祐三・前田寛治・児島善三郎
大正期の日本画
平福百穂と鏑木清方
今村紫紅と速水御舟
村上華岳と土田麦僊
国画創作協会
近代文人画の問題
近代彫刻の出発
近代彫刻の出発
創作版画−初期の群像
昭和戦前・戦中期の洋画の問題性
昭和初期油絵の意味
昭和初期油絵の意味
昭和初期油絵の意味
昭和十年代の油絵の動向
昭和十年代の油絵の動向
昭和期の版画
青木繁−その栄光と悲惨
小川芋銭−無意識世界の水先案内人
高橋由一写実への熱情
菱田春草−新時代を開拓した革新画家
雪舟と大内文化
雪舟の東遊と天橋立
随想 美の裏方
江戸のマニエリスム的傾向
美術史における西洋と日本
幕末における洋風画
幕末における洋風画
文人画の系譜
渡辺崋山と近代リアリズム
幕末期の狩野派
浮世絵の発生と変遷−伝統と摂取
江戸のマニエリスム的傾向
曽我簫白
末期浮世絵の系譜
黒船の画家たち
明治初期洋画
明治初期洋画
お雇い外人
近代日本画の誕生
岡倉天心の大雅観
明治期油絵の成熟
明治期油絵の成熟
彫刻・工芸
美術史における大正期の意味
岸田劉生と白樺派
萬鉄五郎とキュービズム
インドの四天王と毘沙門
ガンダーラ・インドの弥勒菩薩像
弁天信仰と民俗
文化財修復譚−平安人の極楽浄土から
日本古代における方形以外の絵画
扇と芸能−扇の文化史的性格をめぐって−
南の国の扇の話
現代に引き継がれる七宝技術
画家と武士のはざまで−雲谷派の興亡−
海北友松と海北家伝来の絵画資料について
河鍋暁斎の下絵類
南蘋画の何に日本人は驚きを感じたのか−南蘋の実像とその影響
佐竹曙山の洋画論と洋風画をめぐって
風景画の主題と構想
雅楽と法会
浄土折衝篇 2巻
ヨコハマから東京へ−幕末明治を駆けめぐった野次馬たち−
蛮品の輸入・販売と蘭学の盛行
古代インドにおける飛天の図像
絵解きと参詣曼荼羅
日本における水墨画の受容
五山僧の足取を中国に追う
家のフォークロア−併列型と二棟造りを中心に−
つくる側の備前、見る側の備前
埋経によせた父と女−平安人の遙かなる夢−
宝相華について
宝相華について
椅子とベッドと古代中国の家具−正倉院「赤漆欟木胡床」および「御床」のルーツを探る
東照宮に秘められた謎
久保田藩と武士住宅
天神画像と渡唐天神
御蔵島の銘木桑材と前田桑明
受け継いだ平成の漆芸
茶の湯釜作り七十余年
練上の伝統と展開
天然染料をめぐって
平安以降の組紐
技法から見た組紐
縞に織りなす心模様
インド造形の美−八千頌般若経の手写本と挿画

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る