芸術解釈における否定的なもの
作品解釈とテキスト読解の構造−象徴と記号
プラトーンにおける作品解釈と美的体験に就いて
競合芸術における評価−歌合せをめぐって
詩のリズム
詩と原像−キーツ小論
芸術における自己表出
法隆寺金堂壁画の研究
密教美術論
弘法大師の理想
弘法大師の書芸
東寺に映ゆる芸術の栄光
小林先生と私
観音と芸術
支那陶瓷図説
生死と中国陶瓷
唐代の陶瓷説話の二、三
唐宋の白瓷
宋の大邑窯瓷
中国陶瓷見聞録
ダントンコール師の書簡と清初の景徳鎮
小林太市郎博士の人と思想
「ダントンコール中国陶瓷見聞録」とその訳業
小林太市郎氏の芸術学について
小林芸術理論と精神分析学
現代の漢字
小林太市郎先生の思い出
小林太市郎氏の本領
小林太市郎氏の「平家納経考証」について
小林さんとシナ学
小林先生を憶う
「蕪村の芸術」をめぐっての回想
小林先生 生いたちの記
荻賢浪人伝
欧州絵画に於ける日本影響の端緒
日本美術及び印象派絵画とテオドレ・ヂュレ
日本芸術が欧州絵画に示唆せるものに就て
ポセイドーンとスサノオノミコト
禅月大師と小林太市郎
禅月大師の生涯と芸術
禅月大師の食物
王維の生涯と芸術
王維
王維のモウ川図
王維のモウ川図-池坊大巻伝に云うモウ川の図について-
「王維の生涯と芸術」と「王維」
小林太市郎の王維
大和絵史論
大和絵史論によせて
光琳と乾山
折衝篇雷斧弁訛 1巻
乾山 京都篇
乾山「過凹凸カ記」訳注考証
小林太市郎先生における光琳・乾山と私
晋唐の観音
唐代の大悲観音
唐代の救苦観音
奈良朝の千手観音
千手観音の民間的潮流
人形
手漉和紙
手漉和紙
文化財講座日本の無形文化財 1 工芸技術 概説
陶芸
染織
金工
刀剣
文化財講座日本の無形文化財 2 芸能 概説
雅楽
能楽
文楽
歌舞伎
邦楽
邦舞
民族芸能
芸術の理解のために
つゆのあとさき
造形と色彩
信貴山縁起の分析
記録と漢字
近代芸術の精神的背景
小林太市郎先生の人と芸術学
マラルメの詩論
〈日本趣味〉研究のために
「知的芸術論」について
北斎とドガ
北斎と欧州芸術
日本美術欧州進出の端緒とフローベール
古代の建築技法
文様彩色
中世の神社建築
石造塔
日本の建築 中世 2-概説
中世の寺院建築(大仏様・和様)
中世の寺院建築(禅宗様)
細部装飾-蟇股と木鼻について-
中世建築の構造技法
建築金具
日本の建築 概説
社寺霊廟建築

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る