「倭名類聚抄」の問題点
「ツルギ」と「タチ」−古代刀剣名義考−
古代日本語における内蔵語彙の様相
出雲国風土記の表記と音韻
すだれうごかし あきのかぜふく−和漢比較語表の試み−
安澄撰「中論疏記」について
小川本大乗掌珍論天暦点続貂
上野本漢書楊雄伝天暦二年点における切韻と玉篇の引用について
訓点資料における「いへり」と「いふ」
古代・中世の「をり」と文体
中古和文の地の文と会話文
天台宗山門派における金剛界儀軌の訓読語
政治のことば
院政期古記録における「令」について
今昔物語集の陳述副詞
三教勘注抄における三教指帰と注との訓読について−安寿韻本と尊経閣本との比較を中心に−
院政・鎌倉時代の寺院社会における宋版辞書類の流通とその影響−「類聚名義抄」を例として−
高山寺本「雑筆集」六巻の成立について−表白集編纂活動の動態−
改編本系「類聚名義抄」注記配列パズル−写本間における「ノカル」項目の注記配列の異同に関する解釈−
鎌倉時代の女性仮名文書の漢語の表記について
「往生要集」引用文からみた「宝物集」について
高山寺における聖教目録の形成について
わらべ歌の変遷に関する比較研究
奈良田の民謡
歳のかわり目
アナウンスの余白−体験的放送ことば論−
見出しと流行語
沖縄の創世神話と助詞「な」の解釈
オーストラリアの原住民の音楽行動−特にGaliwinku communityにつき
話しことばの書き言葉性と書きことばの話し言葉性
おみさおらねば
ことばの体系 ことばの組織
ことばを取り戻すために
映画は人生である
文学への期待
下町生まれ 下町育ち
おんなのことば
彫り刻むとは何か
問の音 答の音
広告造語は温度が高すぎる、平温かちょっと低い温度で表現したい
自然に覚えたことば
天上天下唯我独損
天上天下唯我独損
「倭名類聚抄」の註文の考察
「倭名類聚抄」における万葉仮名の考察
「倭名類聚抄箋注」における引用
「倭名類聚抄箋注」の一考察−稿本の概要と活字本の誤脱
詞辞論と副詞
二種の言語地図の比較による語史再建法−神奈川県方言の場合
パラトグラフィーによる音声研究について
広東語の声調の実験音声学的研究
スペイン語創出文法理論の実験的適用(その1)
正反対の対応が共存するばあいの原因を探る−おもにタタール語と、ほかのチュルク語との母音で−
日本語教育と話しことばの実態−あいづちの分析
類義表現分析の一方法−目的を表す言い方を例として
外国語教育における音声取扱いの基準−日本語教育を中心として
七五調の根源
象徴と記号
鹿鳴譚の由来−古代・鹿の文学と芸能
源氏物語と歌謡−宴曲「源氏恋」について
風雅への志向−野ざらし紀行論序説
讃嘆古譜の比較研究
韓神小考−金沢文庫の韓神譜をめぐって
平家琵琶の調柱・調弦時代の平曲伝承
平家琵琶と「平家物語」−「平家物語」論のために
平曲の戦慄と詞章内容−強声を中心に
平曲における素語と位語
一節切の譜字と手法について
言文一致運動と口語文法研究
福沢諭吉の「日本婦人論」と「日本婦人論後編」との文章
スルともシタともいえるとき
形態論的なカテゴリーとしてのアスペクトについて
いわゆる中称の指語ソ系について−現代語を中心に
形式名詞「の」による代名用法の考察
言語文化論の構想−日本人の意識と表現序説
理解のモデルについてのおぼえがき
翻訳について
授受動詞文の構造−日本語・中国語対照研究の試み
いつまでも気になる人
中国両国語の比較−次動詞「被(bei)」を使う受動文と意味上の受動文をめぐって
日本語との対照による中国語ピッチ考
日本語とヨーロッパ語の移動動詞
辞アクセントの記号化
音韻論的単位に関する新解釈
アナウンサーのアクセント
新潟県村上方言のアクセント
埼玉県東部アクセントについての方言地理学的研究
アクセントの生成と知覚−関東における地域差と年齢差
わらべうた考−邦楽現行曲による
「草枕」と「草枕絵巻」-とくに草枕詞の語彙をめぐって-
「古寺巡礼」の成立−文体と語彙
小林秀雄「本居宣長」の用語
「子ども」の語史
瀬戸内海域方言の変容に関する研究
諸論考の取上げた抄物の語詞(1979〜1988)
東海西部地方における呼掛け詞の分布と歴史
類義性の数量化と計量意味論
仮名声点の起源と発達
日本書紀の音仮名とその原音声調について-上代アクセントの相関性を考える
天理本「散木集注」声点考

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る