古代の音韻
尾崎知光氏蔵「四声ならびに出合読誦私記」考察−中世のアクセントの資料として−
古代語におけるm−b間の子音交替について
母音無声化の史料としての声明−真言宗所伝の講式を資料として
キリシタン資料における語頭のH表記の語について-ロドリゲス著「日本大文典」の記述を中心にして
国学者鱸有飛の音韻研究−「四十八音略説」「四十八音義訳」につき
母音のいわゆる無声化の実態
偽字のよみ−法華経訓読における偽字和訓を中心に
「保元物語」と「平治物語」の人称代名詞
「文体としての自敬表現」の本質−豊臣秀吉文書の場合
近代の敬語 1,2
現代の敬語
総説
古代の文体
近代の文体
現代の文体
古代の言語生活
近代の言語生活
現代の言語生活
文化としての語彙
蜻蛉日記の「をかし」
王朝美的志向の「なまめかし」美を中心として-藤壷から紫上へ
近代の音韻
二つ名前の渡り鳥-キイ・ワード ガン・かり・漢語・擬声語
平安・鎌倉期の文献における「てて(父)」の使用をめぐって
〈太陽〉語彙考
軍記物語における動詞の重複
「平家物語」(会話部)の待遇表現-せ(させ)給ふ・る(らる)
ク活用「スカメイ」とその周辺-両活用の形容詞<ク活用の後出の場合>
キリシタン資料と二・三の語
抄者における「〜用ゾ」「〜用ニ」
語彙からみたお伽草子の分類
「かはいらしい」考-近世における「かはいげ」「かはいさう」との相関
近世における「ブンゲン」と「ブゲン」-二重形における中立及びプラスの意味-
近世料理書におけるいる
「唄(うた)」字について
知里夫妻
歌集「若き同族に」
現代国語学産みの親−文化勲章内定の新村出先生−
橋本進吉博士の公明と友誼
新村出博士編「広辞苑」
折口さんの人と学問
折口さんと私
日本語の成立
国語史と方言
国語史の時代区分
現代の音韻
古代の文字
近代・現代の文字
かなづかいの歴史
語彙史の方法
古代の語彙 1,2
近代の語彙 1,2
総説
古代の文法 1,2
近代の文法 1-上方編,2-江戸編
現代の文法
敬語史の方法と問題
古代の敬語 1,2
アイヌの叙事詩の採集
記紀万葉に於けるわが愛誦歌
上田先生追慕断片
鉄幹先生
妻争い
桐丸太の心張棒
総理大臣だったら私ならこうする
中山太郎翁のこのと
アイヌ学究の思い出
アイヌ文学について
「ユーカラ」とともに−アイヌ研究のあとをたどって−
文学のあけぼの
文字以前の時代−文学の始源−
言葉と幼な児
「ユーカラ」を編みつつ
中学一年で芽生えた念願
わが道−言語学−
私の歩いて来た道−金田一京助自伝−
短歌「綿木抄」
短歌「続綿木抄」
初期短歌
金田一京助年譜
金田一京助主要論著年表
京助先生は永遠に生き給えり−「金田一京助全集」全十五巻の完結にあたって−
知里君をしにぶ−人とその学績−
中条百合子さんの片影
中西悟堂さん
腕白者ぞろいの海城
匹婦の言
二代目社長さん
私の青少年時代
兄弟げんか
私の歩んだ道
私の仕事
姉上へ
文化勲章をいただいて
岩手山
盛岡の思い出
東北弁
たこ
祈り、その原点へ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る