受け身はよくない
言葉によって(講演)
力としての想像力(講演)
この一年、そして明日
状況へ
未来に向けて回想する−自己解釈(五)
壊れものとしての人間−活字のむこうの暗闇
アメリカ旅行者の夢
渡辺一夫架空聴講記
出発点、架空と現実
未来に向けて回想する−自己解釈(六)
同時代としての戦後
われわれの時代そのものが戦後文学という言葉をつくった
野間宏・救済にいたる全体性
大岡昇平・死者の多面的な証言
埴谷雄高・夢と思索的想像力
武田泰淳・滅亡にはじまる
堀田善衛・Yes,I do.
木下順二・ドラマティックな人間
椎名麟三・懲役人の自由
長谷川四郎・モラリストの遍歴
島尾敏雄・「崩れ」について
森有正・根本的独立者の鏡
死者たち・最終のヴィジョンとわれら生き延びつづける者と
中野重治の地獄めぐり再び
危険思想防止策
林達夫への侏儒の手紙
モラリストとしての伊丹万作
田村隆一と垂直的人間の声
高橋和己と想像力の枷
未来に向けて回想する−自己解釈(七)
作家自身にとって文学とはなにか?
本当に文学が選ばれねばならないか?
江戸幕府の体質
宙に浮かんだ馬
シゴカレル思想
何がもっとも恐ろしいか?
ユートピアの想像力
テロは美しく倫理的か?
学力テスト・リコール・子規
おもてを伏せてふりかえる
死滅する鯨とともに
未来に向けて回想する−自己解釈(3)
未来に向けて回想する−自己解釈(四)
沖縄の戦後世代
すべての日本人にとっての沖縄
沖縄ノート
核基地の直接制民主主義
文学者の沖縄責任
再び日本が沖縄に属する
言葉が拒絶する
パンタグリュエリヨン草と悪夢
核時代の暴君殺し(タイラニサイド)
作家にとって社会とはなにか?
恩賜的と恢復的
個人の死、世界の終わり
皇帝よ、あなたに想像力が欠けるならば、もはやいうことはありません
地獄にゆくハックルベリー・フィン
アメリカの夢と悪夢
コンピューターの道徳性
パール・ハーバーにむかって
不可視人間と多様性
核時代のエラスムス
未来に向けて回想する−自己解釈(二)
記憶と想像力(講演)
紀元節と個人の「自己」の問題
持続する志
死んだ学生への想像力
再び戦後体験とはなにか
辱かしめられた憲法とその「新生」
「国防教育」に反対する
「期待される人間像」を批判する
恐ろしきもの走る
叛逆ということ
様ざまな民衆の虚像
アメリカの百日
もうひとつのアメリカ
「巨大なアメリカ像」の崩れたあとに
「アメリカの夢」と暗殺者たち
政治的想像力と殺人者の想像力
絶望的な蛮勇気
記憶して下さい。私はこんな風にして生きて来たのです
新しいものと古いもの
戦後の人間として「明治」を読むこと
本当の教育者としての子規
誰を方舟に残すか?
ホモ・プロ・セ
今日のなかの昨日と明日
自由人
土人部落のハックルベリー・フィン
多様性コソ力デアル
今日の軍港−横須賀
プラットフォームの娘たち
アジア・アフリカ 人間の会議
未来につながる教室
少年たちの非行のエネルギーは抹殺されるべきものか?
今日のクラナッハ
裸体の栄光と悲惨
ここにヘンリー・ミラーがいる
危険の感覚

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る