中原師廉及び師廉室の日記に就いて
近世初期に於ける一未亡人の子弟教育について
関白秀次の謀反—独裁政権の一陰翳として—
“起請破り”と“起請返し”
上井覚兼日記に就いて
戦国武将の教養—その俳諧趣味について—
真言宗即身成仏義章一巻
秀吉の改姓
村明細帳について
近世に於ける村の財政
村入用帳の成立—近世村入用の研究・序説—
村入用帳について
農家帳簿の利用—被官制度研究の過程を想い起して—
信濃における近世初頭の徳政文言について
近世百姓印章の一考察—形態変化を中心にして—
近世畿内小作料の構造
家質の研究
徳川時代の為替手形文言に就て
枝手形について
天王寺屋五兵衛の大名貸と鴻池道意-延宝〜享保期の枝手形の検討-
木地屋銀札について
送り状と手板帳
商業帳簿の分析
村方商人石本家の帳簿組織-天領天草御領村における-
三井江戸両替店史料補遺-紙背文書による「勘定目録」の復原-
日本古記録学の提唱 附 日記研究の主要論文目録
古文書と古記録
日記とその遺品
花も刀も
江戸時代の日記
藩史料の伝存と構成
武家文書
細川藩の袖判借状について
米沢城下絵図について—地図史的考察の試み—
近世初期の日欧交渉が日本に及ぼした影響
イエスズ会日本年報について-その手書本の所在を中心にして-
連合東インド会社の初期会計記録と平戸商館
投銀証文に関する一考察 —漢文証文に寄せて—
地方文書と近世史研究—近世史料の体系化へ向けて—
寛永期の地方文書
町式目
郷村制度と検地
領主の検地帳と村の検地帳
町方水帳の研究—羽州酒田の場合—
近世の人別改に就いて
年貢割付状の成立
年貢皆済目録の成立
近世前期の「土免」について-その語義分析を中心に-
山梨県の歴史
村明細帳と農村の貨幣経済化
公文と官銭
源空・親鸞の“自筆”書状
浄土宗初期の手印と花押
「いまこせんのはゝ」について
花押の変化と御消息の系年
「富木殿御返事」と日蓮聖人伝の検討
落書起請に関する一起請文への理解-東大寺知足院の本尊盗難に関連↓
東大寺文書にみえる牛玉宝印
中世社寺を中心とせる落書起請に就いて
出雲神魂神社に於ける古柱銘と古文書
板碑精査が示す中世民衆仏教普及の実態
板碑にみる日蓮宗仏教儀礼の展開-題目板碑の造立をめぐって-
豊臣秀吉の伴天連成敗朱印状について-天正15.6.18日付朱印状の批判
小笠原秀政と「弌剣平天下」印
寛永12年寛文3年武家諸法度考-徳川禁令考の誤謬を中心に-
領知判物・朱印状の古文書学的研究-寛文印知の政治的意義 1-
幕府勘定所勝手方記録の体系-幕府財政史料の類型論序説-
顕密不動章
浦賀奉行所の「反古分け」について
日本の民具研究沿革
花押の中世的展開—武家文書を中心として—
九条家領の成立と道家惣処分状について
畿内型庄園の名構造に関する一試論-大乗院領大和国若槻庄を中心トシテ-
室町時代の高野山嶺庄園について
中世宇佐宮領編成の一・二の特質
守護役考
預状についての一考察
茂木氏給人帳考
安芸国高田郡司とその所領寄進-文書の流れの再検討を中心として-
菅浦絵図考
「座」の有する偽文書の意義
鋳物師の有する偽文書について
歴代宝案について
座について
中世常陸の国府六斎市とその商業
土一揆の組織性と私徳政—続・都市と農村の対立-
法隆寺伽藍縁起並流記資財帳諸写本の伝来
筆跡鑑定の要点
唐招提寺舎利殿奉納文書について
中世東寺の祈祷文書について-古文書体系論と宗教文書-
ロシア文学
足利将軍家の権力に関する一考察-伝奏の機能を通じて-
古文書と軍事史研究
軍忠状に関する若干の考察-南北朝期の二型式を中心に-
切紙の御教書・御内書について-「本郷文書」を素材として-
中世の檀紙と御判御教書
将軍義教と御前落居奉書の成立
公文と坐公文
南北朝・室町期の過所発給について-室町幕府職制史の基礎的考察-
室町幕府と琉球との関係の一考察-琉球国王にあてた足利将軍の文書↓

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る