漢委奴国王印と中平紀年銘大刀
三・四世紀における東アジア諸族の動向
七支刀銘文の解釈をめぐって
好太王碑文研究の流れ
日本文献に見える初期百済史料
江田船山古墳出土大刀の銘文
南北朝諸文献に見える朝鮮三国と倭国
五〜六世紀東アジア史の一視点
六世紀における朝鮮三国の国家体制
群集墳の被葬者
雄略朝における王権と東アジア
六世紀、ヤマト王権の性格
南北朝の仏教
朝鮮三国の仏教
茶業篇
近世の信仰と一揆
「おかげまいり」と「ええじゃないか」
中世農民の生活の世界
変革期と一揆
維新変革と人民闘争
中世国家と一揆
幕藩制国家と一揆
中世一揆史研究の前進のために−史料と方法
近世一揆史研究の前進のために−史料のあり方をめぐって
東アジアにおける狩漁撈社会の発達
東アジアにおける農耕の起源と発達
東アジアの言語と日本語の系統
東アジア諸民族と日本人の起源
日朝原始墳墓の諸問題
方形周溝墓の展開
原始日本文明の系譜 序言
中国における墓上施設の出現と展開
加耶地方の古墳文化
対馬・壱岐の古墳文化
日本古墳文化の成立
大王陵の変遷
前方後円墳論
大化改新
鉄砲伝来より長篠役までの道程
二条城異聞
中国商人の見た「大江戸の世」-「得泰船筆語」を中心に
町奉行の一日
中世社会と一揆
幕藩制社会と一揆
中世一揆史研究の軌跡
幕藩制史研究と百姓一揆研究
一揆の歴史
荘家の一揆
徳政一揆
戦国期の一揆
一揆の転回
百姓一揆
一揆と打ちこわし
世直し
新政反対一揆
中世における一揆の組織と形態
近世における一揆の組織と要求
中世都市と諸闘争
中世の諸階級層・諸身分の闘争
近世の被差別民の闘争
近世都市と諸闘争
中世民衆の意識と思想
百姓一揆の法意識
中世民衆の生産と生活
近世民衆の生活と抵抗
中世の宗教と一揆
風土記と日本書紀
豊臣秀吉−その朝鮮侵略をめぐって
千利休−その周辺と死の謎
徳川家康−その出自の疑問をめぐって
島原の乱−キリシタン一揆か
鎖国−第一次開国
御家騒動−その真相と波紋
義民伝承−百姓一揆の指導者と犠牲者と
田沼意次−田沼政治の再評価
大塩平八郎の乱−はたして「救民」軍であったか
孝明天皇−その毒殺説をめぐって
「お札ふり」と「ええじゃないか」-大衆乱舞の実相-
北京原人が歩いて日本へやってきたころ
おとしあな
古代の衣服
ヤマトタケルノミコト−名の成立をめぐって
古代の食生活
古代の氏姓
古代人の落書きと手習い
ペルシャ人李密翳
広野の花
平安貴族と饗宴−「御遊抄」について
「蒙古襲来絵詞」の旗の紋
軍勢十人中九人までが農民
足利将軍の異常性格
室町将軍家への献上品
丑年に因んで
尾張国解文−平安時代の国衙と農民
院政開始をめぐる謎−その成立をめぐって
平清盛をめぐる謎−出生と「平家納経」をめぐって
奥州藤原四代−謎とミイラと黄金と
源将軍三代の死−その謎をえぐる
源義経−その伝説と歴史的実像
北条時頼−その実像と虚像

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る